JapaneseEnglish
急性単球性白血病 (AML-M5b)
 ☆単球性白血病(AML-M5b)
     白血病細胞の80%以上を単球系(単芽球、前単球、単球)が占め、顆粒球系細胞は20%以下とされる。さらに単球系細胞のうち単芽球が80%以上を占める場合を低分化型の単芽球性白血病(M...
(続きを読む)
 ☆単球性白血病(AML-M5b)
     白血病細胞の80%以上を単球系(単芽球、前単球、単球)が占め、顆粒球系細胞は20%以下とされる。さらに単球系細胞のうち単芽球が80%以上を占める場合を低分化型の単芽球性白血病(M5a)、80%未満を分化型の単球性白血病(M5b)と区分される。
 M5bでは前単球と単球が主体になる。前単球は、細胞質の好塩基性は和らぎ、微細なアズール顆粒が多く、核は不整形に、クロマチンは単芽球より繊細に、核小体は小さくなるがまだ認める。 単球は、細胞質の好塩基性はくすぶり、微細なアズール顆粒はやや少なめ、核は切れ込みや分葉化し、クロマチンは単球系では最も繊細になり核小体は認めない。
 表現型ではCD4、CD11b、CD11c、CD64、CD68、lysozymeなどが特異的とされる。
(たたむ)
DATA
画像数 7
性別
年齢 65-69
症例の種類 典型例

DATA
画像数 17
性別
年齢 70-74
症例の種類 -

DATA
画像数 10
性別
年齢 00-04
症例の種類 -

DATA
画像数 12
性別
年齢 15-19
症例の種類 -


管理